忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

アルモデルKATO4トン(2)


アルモデルKATO4トン・ショートボディの塗装編です。





今回は塗装に迷いました。
漠然とブルー系のロコとするつもりで、下塗り。台枠はメタルカラーのアイアン。ボディはメタルシルバー。洋白製の板キットに見える!?


そして、ガイアのクリア蛍光ブルー+ウェザリングカラーのシェードブルーでウォッシング。
コレはコレで変わった感じなのですが、どうにもこの模型にはしっくりきませんなぁ。おまけにプライマーを1回コートしかしていなかったのが悪かったようで、すでにアチコチ塗装剥げで真鍮地が見えております。なんともモヤっとした気分でしたので、この後、シンナーでこの塗装は落としてやり直しです。


塗装下地の工程を増やしました。まずは塗装剥げを考慮して、真鍮地を常温黒染液で処理。あまりキレイに染めなくてもいいよね。


一度、真っ黒けにしたあとハイライトを白で吹きます。いつものシャドー下地です。


MSブルーに白を加え、下地のシャドーの効果が残るように全体に薄目に吹きました。


エナメルのダークブラウンでスミ入れして完成です。今回はウェザリングはなし。


下地のシャドー効果はあるかな?。ウェザリングやウォッシングでキタナクしたくないけれど、ベタ塗りのっぺりは避けたい場合には工程を増やすしかないですね。特に今回のような1色塗りの場合は単調になりがちですしねぇ。


トーマさんのC客の牽引車両に。流石に4トンクラスともなると、めっちゃちっさい!




ではまた。
PR