忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

オープンキャブGLに屋根をつける。


ペアーハンズ・Oナロー9mmのオープンキャブGLのジャンク板を組みました。




今回も、イベントで入手したジャンク板のみのキット。ペアーハンズのオープンキャブのガソリンロコです。開放感を損なわない(つまり、手抜き)屋根を付けてみました。でも、屋根が付いたらオープンキャブって言わんのとちゃうか?


キャブ内は超狭く椅子もなし。立って運転するガーデン鉄道用の小型機といったところ。乗りたくないですね。


ボンネット内にウェイトを積んでいますが、台枠内の前方にも真鍮帯板をハンダ付けしてウェイトを稼いでいます。後部オーバーハング部分が尻もちをつかないようバランスを取る必要があるのです。


台枠のエンドビーム部分には、木製バンパーを装着。プラ板にPカッターで木目に見立てたスジ彫りをして、コントラストが強めの塗装に仕上げます。動力ユニットはワールド工芸のNゲージ用。こちらもイベントでジャンク品として安く投げ売りされていたモノ。ジャンク品と言っても特に問題なく使えます。ラッキー!


排気管は真鍮パイプの組み合わせ。穴あきマフラーカバーは治具が必須で、なかなか厄介な穴開け工作だったりします。


カプラーはHOナローの朝顔式を流用したので少し小さめ。Oナロー用のカプラーパーツを探してストックしておきたいところですが、あまり見かけないんだよなぁ。


カラーリングは以前に製作した浅野物産GLと同じく、グランプリホワイトの車体色にオレンジの警戒色を配したデザイン。グレーに見える部分はミスターカラーの焼鉄色です。



以前製作したBrick Garage Railway
のパイクを引っ張りだしてきました。Oナロー9mmの車両も増えてきたので、このガレージには入りきりませんね。そろそろ少し大きなガレージのレイアウト構想を練る必要がありますねぇ。


ではまた。


PR