忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

細倉鉱業2tGL(3)...とは違うものが出来た。


ここのところプラモやミニカージオラマに寄り道していましたが、仕掛り途中だったペアーハンズの細倉鉱業2tGLキットの仕上げにかかります。




さて、ネットで見る限り細倉鉱業の浅野物産ガソリン機関車はこんな感じの赤色塗装のようです。
そこで軽くオキサイドレッド(サーフェサー)を吹いて見たわけですが、どうにも物足りません。


グレフルチューハイを飲みながらパソコンでお絵描きしつつカラーリングを検討。私、オレンジ色が好きなのよねぇ…(過去例


早速、下回りをホワイトメタルと板の分割位置でそれぞれオレンジと焼鉄色に塗り分け。


ボディ色はグランプリホワイト。
ボンネット上部が白いと運転士は反射で眩しいでしょうから、アンチグレア塗装としてフレームと同じトーンに塗りました。
ハセガワのプラモから余ったデカールを拝借してアクセントとしました。


キットの説明書によると、端部の埋め込み式ライトは前後とも片側にのみ取り付け、保護棒のパーツをカバーにつけることになっています。
しかし、見るからに両方の窪みにライトを取り付けるべき造形になっていますので、素直に両目にしました。後端も同様です。
両目にすることでなんだか生物的な表情がついた感じがします。


リアのバケットにはちょっとした工具とかオイルポットなどを入れましょうかねぇ。


さて、晴れてロールアウトです。
「さぁ、いっちょガレージを出て試運転行ってみよう」みたいな。


というワケで細倉鉱業の機関車ではなく、"Brick Garage Railway"向けにカスタマイズされた幻の浅野物産製ガソリン機関車が無事に導入されましたとさ。





<つぶやき>
いつものようにTwitterで製作途中を公開していたら、「ガンダムっぽい色よね」とか「ガンプラコンテストに出すんか?」とか「フィギュアは連邦軍だろ」的なツッコミをいただきましたが、えぇワタシもそう思いましたよ(笑)








PR