忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

第11回 軽便鉄道模型祭 2015


今年は会場を目黒から人形町に移して開催された軽便鉄道模型祭。クリッターズクラブの末席をいただき今年も参加してきました。

手前ミソですが、クリクラブースの様子をメインにご紹介です。
(旧式スマホカメラ撮影画像ですので、画像のアレはご容赦下さい。)


デザイナー・モロホシアキヒロ氏こと「巨匠」のシェイ。
流石です。お目にかかれただけでも感無量であります。


こちらもお見事。すんばらしい。


バックマンOn30のシェイ。家元の仕上げであります。


こちらも家元フィニッシュ。ため息がでる仕上げです。


拙作のシェイ2種も展示させていただきましたが、個人的な注目株はNaribowさんのオープンキャブのポケットシェイ。いい雰囲気を醸し出しています。


雀坊。さんのミニトレとバリキット。


ダックスは中学生君かな。油で磨いたって?スゴイ・・・


多恩さんの丁寧な仕上げのコッペルと客車たち。手前の英国マッチ箱客車の塗装もキレイ。
特に明るいグリーンのトーマコッペルはイイですね~。



同じく多恩さんのグロス仕上げ。


小倉工場さんのデカール仕上げ。めっちゃ小さい自作デカールです。ルーペでちゃんと読めるんだなこれが。


持ち込み展示歓迎のクリクラに、レールターレットが登場。これ作ってみたい題材の一つです。


こちらは雀坊。さんの古本屋ストラクチャ。本棚イイですね。そのうち怪しい屋号がつけられて製作中のレイアウトに設置されるようですよ。


オノデラさんの車庫。


こういうのには反応せざるをえません。大好きな風景。


フェルト盤では製作中のチャイナナローが快走中。


小泉さんのレイアウト。ストラクチャ・フィギュア・ミニカーととにかく小物が効いています。


カワイさんの杉山商店レイアウト。


Naribowさんのポケットシェイディーゼル。ロッドが回っております。


ナガウラさんのレイアウト。

目線を落とせば、そこには日常の風景がきっちり描かれているのです。


クリクラブースご紹介の最後は突如現れた(笑)謎のアート。
レールトラックの出来栄えもすばらしく、もう"リベットおじさん"から目が離せません。



来年も人形町での開催だそうです。
事務局の皆様今年もお疲れさまでした。


PR