忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

凸型に魅せられて(1)


DustBox号に引き続き、同じアルモデルの動力を使ってもう一台。
凸型大好きで行きましょう。



製作開始前のイメージはこんな感じ。
オリジナルではなくこちらの製品のスタイルをベースにモディファイ。
ところで凸はなんと読む?
「デコ」派と「とつ」派がいるんだが…個人的にはデコがいいね。
英語ではなんていうのかね。


台枠はt1.5mmの真鍮帯板の組み合わせでがっちりずっしり。
これぐらいの厚さになるといつも使っている30Wのハンダゴテでは全く熱が回りません。
キャブはt0.3mmの板から切り出し。
さながら昭和の電話ボックスのようです。


動力ユニットはこのように収まりました。


もちろん、今回もヒンジを仕込んでボンネット開閉を。


前後ともフルオープンすると、まるで羽ばたく黄金の蝶のように・・・。
気分は『私の中でお眠りなさい~。』


閉じると地味っすね。

PR