忍者ブログ

akinori's TOY-BOX B-field

BLWサドルタンク・ミニ(1)


某クラブの会合の日が迫り、"手ぶら"じゃイカン!と急きょ在庫パーツを漁って1両こさえてみました。



使うのはこちら。
アルモデルの「とても簡単な産業用Bタンク」のもう出来ちゃってる動力ユニット部分。これにHOサイズのボディをかぶせれば、ちょちょいだぜ。会合にも間に合うぞ。

えいっ!



おぉ、ぴったりw

・・・イカン。

こんなもん会合に持って行ったら何言われるかワカランw

(ちなみにこれはカプセルプラレール。)





というワケで多少は工作らしきものに突入。
出所不明のボールドウィンのプラキットを使い、最近再販されナローゲージャーがこぞって楽しんでいるダックス的なものを作ってみましょう。

ショーティなので「コダックス」あるいは「ダの子」と呼称することにする。



で、切った貼ったでなんとか寸法に収まったのですが、どうにもボイラー位置が高すぎる。Twitterで画像を晒してみると、やっぱり速攻でボイラー下げた方がイイとのツッコミいただく(笑
うむ。



で、ボイラーの底を2mmほど削りこんで下げてみたら、まぁ落ち着きました。上の画像と比べてあまり変わりませんが、三角マークの位置で見ていただけると、分かるかと思います。



屋根を炭庫の上まで試作延長してみたもの。
こちらもいいかもしれない。



ボイラーを下げる過程で、前部のカウキャッチャーを一部カットしたため、カプラーを収めるスペースが微妙になってしまいました。このあたりはあとでさらに調整が必要になってきそう。



前部妻板はプラ板、後部は幅詰めしています。みっともない切り継ぎ跡を隠すため、ライトを増設しました。

ココまででタイムアップ。

なんだか、結局カプセルプラレールみたいじゃないか!と言われそうな気がする。







PR